シンガポールでの就労ビザ取得ってこんなに大変? 日本人が飲食店で働くまでの道のり

シンガポールでの就職が決まり、駐在を控えてる人たちが、まずしなくてはいけないこと。それがビザの取得です。
就労ビザには大きく分けて2つ。エンプロイメントパス(EP)とSパス(S Pass)というものがあります。

EPは、政府が定める雇用条件をビザ申請者がクリアすることで取得できます。
一方でSパスは、雇用する企業側が一定条件を満たす場合に取得できる就労ビザです。
一般的なのがEPで、JFCメンバーも皆、EPを取得してからジョインしました。

ただ、このEP、取得するのが意外と難しいのです・・・。

シンガポール政府が自国の雇用を守るため、年々審査が厳しくなっているのが現状。
そんなEPを取得するまでの流れを、JFCメンバーを例にご紹介したいと思います。

【シンガポールでの駐在決定! 労働ビザを取得するには?】
2015年8月にJFCにジョインしたメンバー。

シンガポールと東京にオフィスがあるJFCでは、当時日本に居た彼には東京オフィスに来てもらい、
東京オフィスでのインタビュー後、スカイプでシンガポールに居るメンバーとインタビューをしてもらいました。
その後JFCへのジョインが決定し、すぐにシンガポールに渡り、2泊3日で家探しとJFC紹介、懇親を行いました。

もちろん、ビザの申請手続きも開始。
ビザは就職先の企業側が申請手続きを行います。個人で取得することはできません。

EPの定めている雇用条件って?

最初に、EPを取得するための審査が厳しくなってきていると書きましたが、
具体的にはどのような条件があるのでしょうか。

EPを取得する条件として、シンガポール開発省(MOM)に挙げられているのが、
シンガポールに職があるということ以外に
・マネージャー以上の職務内容であること(職務経験、年齢と比例)
・月給$3,300以上であること(もし職務経験が長ければ、さらに月給を必要とする)
・学歴(4大卒か専門学校での特別なスキルを持つもの) (2016年1月時点)
経験×給与×学歴 ということですね。

申請者がEPを取得できるかどうかは、MOMサイトのSelf Assessment Tool for Employment / S Pass から予めチェックできます。

EPの申請から発行まで

EPの申請はオンラインからできます。
2016年1月現在では、EP申請時に$70、発行時に$150かかります。

申請時に必要となるものは、
・パスポートのコピー
・就職先企業の情報
・卒業証明書(最終学歴) オンライン上で申請した場合、

7日間(場合により、多少長くかかる場合もあるそう)
審査結果が出るまでにかかります。

審査が通れば企業側が"in-principle approval (IPA) letter"というものを印刷することができ、
それを申請者本人が持つことで”仮ビザ”のような役目を果たします。
申請者はIPAを得てから6か月以内に申請手続きを完了できれば、EPを取得することができます。

いざ、海外移住!

in-principle approval受取後、まずはオンライン上でEP発行に必要な$150を支払います。

支払い完了後、"notification letter"というものが発行され、
これを持つことで発行後1か月間、EP発行までの間シンガポール国内外の出入りが可能となります。

その後、パスポート情報やシンガポール国内での住所(住むところをこの期間に決めておきましょう!)、
EPの送付先、代理の連絡先1名分など、IPAに記載された必要書類を揃えます。

企業側はMOMとのアポイントメントをオンライン上で取ったうえで、
申請者は決められた日時にMOMに必要書類(IPAとnotification letter含む)を持っていき、
写真と指紋の登録を行います。 提出書類確認後、4日以内にEPが発送されます!

※すべての情報は2016年1月時点にシンガポール開発省(MOM)で公表されている情報になります。

シンガポールに住むということ

シンガポールでの駐在決定から、申請、EPの発行まで時間も手間もかかるなあと思う方もいるかもしれません。
ただこれはシンガポールに住み、仕事に励むためには乗り越えなくてはならない、最初のステップ!
いざ、シンガポールで働き始めたら、きっともっとたくさんの驚きや苦労が待っているかと思います。

現地での驚きや苦労にも、今後触れていければと思います。

Japan Food Culture Pte Ltd.
CEO: Akihiko Koga
Address:
Singapore Office: 137 Telok Ayer Street #05-07, Singapore 068602 
Tokyo Office: 17-6 Ichiban-cho, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan 102-0082
Telephone:(+81) 03-6869-5994 (Japan)

この内容で送信します。よろしいですか?